7つの習慣

森の中できこりが木を切り倒そうとしています。

ひどく疲れているようで、聞いてみると
「もう5時間も切り続けている」
とのこと。

「その前に、そののこぎりの刃を研いでみたらどうですか?」
と言うと、
「刃を研いでいる暇なんてない。切るだけで精一杯だ」
と答える。
書籍「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著)にある7つ目の習慣が「刃を研ぐ」で、紹介されている寓話です。

忙しさにかまけて刃を研ぐことを後回しにすると、
余計に能率・能力が下がっていくという例え話。
誰もが身につまされる話です。
「目の前のことに精一杯取組むことこそが成長の近道」
とも言いますが、
ただそれだけでは途中で息切れしてしまいます。

 

我々ビジネスパーソンにとって刃を研ぐという行為は、

『インプット(学習・情報収集)』

とともに、

『アウトプット(話す・書く・仕事で使う)』

し続けること。

目先の仕事(結果)を追いかけることも時には大事ですが、
仕事が忙しいときも、忙しくないときも「刃を研ぐ」習慣を持ち続けられる人が、
結果として大きな成果を得られるのです。

The following two tabs change content below.
佐藤東

佐藤東

大学在学中に社会保険労務士資格を取得。 独立系組織人事コンサルティング会社に入社後、人事評価・賃金制度構築、組織開発診断ツールの設計、人材開発プログラムの立案、管理者研修トレーナー、経営計画策定などに従事。 2012年株式会社アントレプレナーファクトリー執行役員。 2013年、企業の人事制度設計コンサルティングを行う株式会社はた楽を設立。 同じく2013年より、介護事業を運営する株式会社プロキャリ・ライフケア 代表取締役を兼務。自社における助成金申請実績をもとに、中小企業が活用できる受給スキームを確立。 2014年、プロキャリ社会保険労務士事務所を開設し、「助成金申請サポート事業」を開始。 2016年、社会保険労務士法人はた楽に組織変更。 クライアント企業の助成金受給実績は、事業開始から2年余りで100社以上の申請を手掛け、受給金額2億円を突破。 2017年より、「産休育休サポートプラン」をリリース。出産スタッフの給付金受給と企業の助成金受給を両面からサポート。
佐藤東

最新記事 by 佐藤東 (全て見る)