代表ブログ

「成果」と「成長」の違い

「成果」と「成長」の違いというものを最近感じます。

大切なのは、
「成長にしっかりと軸足を置くことで、成果に振り回されない」
ということでしょうね。

成果は目に見えやすいもので、
他者からも簡単に評価できます。

しかし、成長とは本人の内面に蓄積されるものであり、
他者からは簡単には判定できません。

その結果、
「成果だけを見た周りの評価に振り回される」
という事態を招きます。

 

自律したビジネスパーソンと呼べる人は、

「他者評価(特に良い評価)は当てにせず、真に受けない。それよりも、自己客観視に基づく自己評価を重視する」
というスタンスを持っています。

これを私は、「自己評価優先理論」と呼んでいます。

 

しかし、しっかりとした評価軸を持って自らを評価するというのは、たやすいことではありません。

そのためには、

まずは明確な目標設定(何がどこまでできれば自分なりに成長したとみなせるのか?という物差し)が必要です。

形だけの成果で満足してしまうと、そこで成長は止まります。
逆に、自分の中でしっかりとした評価軸を持っていれば、成果が出ていないからと変に焦る必要もありません。

周りの評価に流されることなく、
「自分自身で自己の成長ポイント(変化点)を語れるかどうか?」
が、その人の成長を図る目安になります。

ご相談・お問合せはこちら

無料労務管理に関するお悩み、
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-800-828
お問い合わせ