代表ブログ

       

人は合理性だけでは意思決定できない

例えば、「こうすれば確実に収益が上がる」という話なら、

場合によっては胡散臭いと感じ、警戒することもあると思いますが、

「こうすれば確実にコストが下がる」という話であって、「その過程でのリスクもない」とまで判断できれば、

合理的に考えればやらない理由はない、ということになるはずです。

でも実際は、それでもなかなか腰が上がらないのが人(特に日本人?)ですね。

 

はた楽では、「クラウド労務システムの導入」に力を入れていますが、

特に「勤怠システム」においては、それによって実現できる効率化は「劇的」といっても過言ではありません。

実際に、自分の会社でも、クライアントでも、その効果を身をもって体験していますので。

 

しかし、仕事柄毎日のように目にする中小企業の出勤簿を見ると、

だいたい7~8割は、紙の出勤簿かタイムカードを使っておられます。

そこで、「クラウド勤怠システム」の導入をご提案するのですが、

あまり芳しい反応でないケースも多いです。

(こちらの伝え方の問題もあるかもしれませんが。。)

 

クラウド勤怠システムの導入には、だいたいどのシステムでも、

従業員一人当たり300円/月程度の利用料は発生します。

といっても、社長自らがタイムカードの集計をされていることを思えば、

明らかに社長の人件費よりも安く上がるはずなんですが、、

 

やっぱり、たとえ「経済合理性」で理解できても、

「変化」に対する勇気には、あと一歩の後押しが必要なんだと痛感しています。

あるクライアントでは、「つべこべ言わずにやったほうがいいですよ」

と雑に提案したら、すんなり意思決定されたりもしました(笑)

 

あと、日本人特有の横並び意識もありますので、

クラウド化の流れが中小企業にも見えるようになってくれば、

一気にドミノ倒しが可能性もあります。

当社としては、その時期にもしっかり対応できるよう、準備を進めているところです。

サポートメニュー

給与計算基本パック
助成金申請代行サービス
クラウド労務システム導入代行
産休育休手続代行サービス
有休義務化対策サービス
プレミアム就業規則
キャリアコンサルティング
労務アドバイザリーサービス

ご相談・お問合せはこちら

無料労務管理に関するお悩み、
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-800-828
お問い合わせ