代表ブログ

       

まだタイムカードですか?「勤怠集計→給与計算」が10分で終わる方法

はた楽の佐藤です。 さて今日は、 毎月欠かせない労務業務である 「勤怠管理→給与計算」 がテーマです。 「末締め」の会社様でしたら、 ちょうど「勤怠時間の集計」「給与計算」 の作業が完了し、 一息ついておられる時期かもしれませんね。 私もかつては、 ・介護事業所 ・社労士事務所 の勤怠集計/給与計算を全て自分でやってましたので、 ◆手書きの「出勤簿」から、一人ごとの勤務時間を電卓で集計 ↓ ◆集計した時間を、別途Excelの集計表に打ち込み ↓ ◆給与計算を依頼する税理士さんにメールで送付 というのがルーティンでした。 「よし、今月も頑張ろうっ」 と覚悟して、 毎月2~3時間くらいかけて作業してたものです。 で、今はどうかと言いますと、 勤怠の集計にかかる時間は、 ざっと10分くらいでしょうか。 厳密には、時間集計は「0分」で、 「打刻漏れ・打刻修正依頼」があれば、 その確認・承認作業に 5~10分くらい。 それが完了すれば、 集計表の作成とかは一切必要なく、 文字通り 「ワンクリック」で、 「勤怠データ → 給与計算システム」 に連動させ、 給与計算まで完了してしまいます。 最初やってみたとき、 「これって魔法かな」と笑えました。。 それまでやってた 地道な作業は何だったんだと。。 (あれはあれで、達成感はありましたが…) で、この「魔法」を実現する手段が、 『クラウド型勤怠管理&給与計算システム』 です。 「最近ちょくちょく聞くけど、コストがけっこうかかるんでしょ?」 「打刻が間違ったとき、修正できるの?」 「そんなハイテクなもの、うちのスタッフに使えるの?」 といった不安はありますよね。 そして、皆様にとっての一番のハードルは、 「今までの流れを変えるのが面倒くさい。。」 という人間心理かもしれません。 しかしながら、 給与計算と助成金申請をやっているプロとしては、 「手書き出勤簿やタイムカードは、百害あって一利なし!」 と断言できます。 ・何といっても、かかる手間と時間が膨大… ・人力に頼るので間違いが多い… ・タイムカード打刻だと訂正がきかない… ・有休日数管理も全て手作業… ・勤怠→給与計算の連動が悪く、書類が助成金審査を通らない… ・未払い残業があっても分からない… 等々、 会社にとっても従業員にとっても 残念な出来事ばかりです。 では、 どうやって クラウド労務システムを導入していくのか? については、 また次回に詳しくお伝えします。 「おおまかな流れ」を知りたい方は、 こちらをどうぞ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ クラウド労務システム導入実施手順 「どのシステムがいいのか?」を知りたい方は、 こちらの記事もどうぞ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 社労士がおススメするクラウド勤怠システム

サポートメニュー

給与計算基本パック
助成金申請代行サービス
産休育休手続代行サービス
就業規則らくらくパック
キャリアコンサルティング

ご相談・お問合せはこちら

無料労務管理に関するお悩み、
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-800-828
お問い合わせ

はた楽