よくあるご質問(Q&A)

Q会社が受給する「助成金」で、受給できないケースとしてどのようなものがあるか?

A

助成金の審査においては、「育児・介護休業規程」「雇用契約書」「出勤簿」「賃金台帳」といった労務帳票の作
成状況・整合性をチェックされます。育休取得の根拠に沿って、育休取得の正しい実績がきちんと示されない場合
は、指摘が入ったり不支給となるケースもあります。内容については、もちろん当方でも確認・チェックさせていた
だきますが、特に「出勤簿」や「賃金台帳」については、当方からお伝えする留意点を踏まえて、会社様できんと作
成いただく必要があります。

Q会社が受給する「助成金」の申請で必要な、「育児・介護休業規程」も作成してくれるのか?

A

はい、対応いたします。助成金申請には「育児・介護休業規程」の作成と届出が必須となります。また、平成29年
10月に改定された「育児・介護休業法」に準拠した内容である必要があります。現時点で対応されていない会社様に
ついては、はた楽にて「育児・介護休業規程」の作成または改定をさせていただきます。作成費用は、助成金申請の
成功報酬に含めておりますので、規程の作成・改定のみで費用をいただくことはございません。

Q訪問対応はしてもらえるのか?

A

あいにく、訪問しての対応は行っておりません。訪問でのご説明が不要な形での説明書類、説明手段、および料金
体系を構築していますので、ご利用いただく企業様には手続き上のご不便の無いように努めております。

Q手続きのスケジュール管理はしてもらえるのか?

A

当方にて「手続スケジュール管理」を行い、時期が来れば「必要書類」「御社でご準備いただきたい書類リスト」
をお送りします。ご不明な点は、直接専門スタッフが電話でサポートします。

Q手続きを推進するにあたり、どのようにコミュニケーションをとっていくのか?

A

郵送、電話、メール等の通信手段を用いてコミュニケーションを図り、手続きを推進します。

Qスタッフが受給する各種「給付金」「手当金」の受給額や受給可否によって、サポート費 用は減額されるのか?

A

一連の手続きの過程で、育休取得スタッフが受給される「育児休業給付金」等の金額、および受給可否につきまし
ては、当方で全て保証するものではございません。それによるサポート費用の減額、返金は致しかねますのでご容赦
下さい。

Q全国どの地域の会社でも対応してもらえるのか?

A

はい、「産休育休手続き」の内容は全国一律のものであり、電子申請等の手段を活用することで、私どもで全国の
企業様の手続きを代行することが可能です。

Q手続きが長期に亘るスタッフの場合に、サポート費用の追加が発生するのか?

A

出産・育休後、職場復帰までされる場合は、手続きが1年半から2年に亘って必要となる場合があります。当方で
は。1案件につき、職場復帰後の手続きが完了するまでをサポート範囲としていますので、手続き期間により追加で
費用が発生することはございません。

Q追加料金が発生する「健康保険組合」とは何か?

A

中小企業の場合は、「協会けんぽ」の健康保険に加入されている場合が大半であり、「協会けんぽ」加入の場合
は、産休育休手続きの方法が一定のため、追加料金は発生しません。中小企業でも、例えば医療関係の事業所など
で、業界独自の「健康保険組合」に加入されている場合があります。その場合は、手続き方法が特殊なため、別途
10,000円(税別)の追加料金を頂戴しております。

Q手続きの対象となるスタッフは、「雇用保険被保険者」である必要があるか?

A

はい。雇用保険被保険者が手続きの対象者となります。また、社会保険加入者でもあれば、社会保険の手続きも
加わってきます。

Q費用の支払い時期、支払方法は?

A

対象となる出産月のご請求とし、出産月の翌月末日までに、会社様による支払いをお願いいたします。
また、お支払いは一括払いとなります。

Q申し込み方法は?

A

まずは、当サイトの「無料お問い合わせフォーム」より、対象スタッフの情報を入力のうえ送信下さい(個人情報
は含まれません)。そのうえで、当方にて「申込書」を作成し、説明書類とともに郵送いたします。御社にて内容ご
確認のうえ、申込書を返送いただくことで申込が完了いたします。

産休育休手続代行サービス

サポートメニュー

給与計算基本パック
助成金申請代行サービス
クラウド労務システム導入代行
産休育休手続代行サービス
有休義務化対策サービス
プレミアム就業規則
キャリアコンサルティング
労務アドバイザリーサービス

ご相談・お問合せはこちら

無料労務管理に関するお悩み、
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-800-828
お問い合わせ