就業規則らくらくパック

SERVICE

「働き方改革に新型コロナ!? もう勘弁してくれ!」

「残業時間の上限規制!?」
「有給休暇の取得義務化!?」
「同一労働同一賃金!?」

そして、スタッフから押し寄せる質問や問合せ…
何をどう説明していけばいいのか?
聞かれても専門家じゃないし分からない。。。
こんな経営者の方も多いと思います。

そんなとき、何から始めて何を拠り所に運用すべきか?
そのベースとなるのが「就業規則」です。

就業規則とは?

「入社→勤務→退職」に至るまでのルールを、
会社ごとに定めた冊子です。

従業員10名以上の場合は、
必ず作成したうえで労基署に届け出る義務があります。
10名未満の会社でも作成しておくことで、
スタッフからの質問対応や協議が必要な際に役立ちます。

「これから就業規則を作りたい」という方へ

コツは「小さく作って、ちびちび続ける」

「就業規則を作るには社労士に頼む」
という認識は、割と世の中に定着しています。

ただ、社労士に頼むと20万円~30万円くらいは費用がかかるのが相場で、
確かに、しっかり労力をかければそれだけかかるのも事実です。

「社長の考え方や会社の理念をしっかり反映しましょう」
「会社にとってのリスクを減らすには、キッチリと漏れなく規定を盛り込む必要があります」

という提案も一理ありますが、
実際には、コストをかけて分厚い冊子を作った割には、
経営者の理解が追い付かず運用できていない、、
というのが、多くの会社の実態です。

ちなみに、私ども「はた楽」では、
120社以上に提供済みの「ひな形就業規則」がありますが、
そのまま使ってもらって問題が起こったケースは1件もありません。
「120社に使ってもらって、本当にトラブル0」です。

つまり結論としては

オリジナルの就業規則を作成することに費用と労力をかけても、
あまり意味はありません。

それよりも、
広く中小企業で通用しているひな形をもとに、
導入後に少しずつ、経営者の意思や実際に起こりうるケースを照らし合わせながら、
徐々に手直ししながら運用を継続する方が、
よっぼど重要です。

『就業規則らくらくパック』
(スモールビジネス向け)では、

「就業規則の作成/改定」から「日々発生する労務問題」
までを含めて、
『質問/相談受付→アドバイス提供』を行います

ご利用方法(受付/対応方法)

チャットで気軽に質問できる!
データの共有や更新履歴をカンタン管理!

お受けするご相談(質問)の例

新たに入社するスタッフの
「雇用契約書」はどう作ったらいいか?

問題社員に対して、
どう話を進めたらいいか?

助成金を申請するには、
どんな就業規則がいるのか?

有給休暇の取得義務化って、
何をすればいいのか?

ご相談の受付、対応方法

chatworkにてグループチャットを開設し、
その中でコミュニケーションを進めます。

1.Chatworkにてグループチャット立ち上げ

まずは「Chatwork」にご登録ください

お客様とのデータ/メッセージのやり取りをスムーズに行うため、Chatworkを利用いたします。アカウントをお持ちでない場合は、無料にてアカウント登録が可能です。

 

2.対応・ご回答

お客様

グループチャットには、複数名参加も可能です

ご質問(状況により、電話/emailもご利用下さい)

 

Chatwork 「ABC株式会社様&はた楽」

 

ご回答・対応(状況により、電話/emailでも対応します)

はた楽

ご質問・相談内容に対する回答や、作成・改定した書類・書式をアップします。内容によっては、別途電話やemailにて回答いたします。

サポート内容

就業規則などの書類整備に加え、
日々発生する労務相談にお応えします。
開始月からすぐに、以下の全てのサポートが受けられます。

就業規則の新規作成
(はた楽ひな形ベース)

就業規則の改定
(既存の規程を継続して運用可能です)

就業規則の内容について
の質問・お問合せ対応

就業規則の届出
(回数無制限)

36協定の作成&届出
(回数無制限)

雇用契約書(労働条件通知書)
の作成

労務関連書式の
無料提供

労務全般に関する
ご相談・ご質問
(※但し、訪問対応はございません)

契約企業様限定の
労務情報メールマガジン
(月1回)

サポート内容① 就業規則の作成&改定

サポート対象となる規程の種別

法定で必要とされる以下の規程をご提供・運用します。

就業規則※労務ルールのベースを定める本則

育児介護休業規程※就業規則の別冊としての扱い

雇用契約書(労働条件通知書)※入社時に本人に交付する書類

※「賃金規程」については、はた楽の「ひな形就業規則」の中でカバーしています。
※「賃金規程」や「パート就業規則」等を既にお持ちの会社様は、現行規程の運用を引き継ぎますのでご安心下さい。

「就業規則の初期作成料」はいただきません!

 

運用サポートの内容

以下の全ての対応が、サポートに含まれています。

新規作成
作成費用(イニシャルコスト)
は不要です。

現行規程の改定
現行規程がすでにある場合、
その運用を引き継ぎます。

法改正への対応
法改正に伴い必要となる
改定に対応します。

 

労基署への届出
※従業員10名以上であれば、事業所単位で届け出が必要となります。

新規作成は、はた楽の「ひな形就業規則」にて行います。120社への導入実績があり、通常想定される労務項目は全て盛り込まれています。
「助成金申請対応就業規則」として、「キャリアアップ助成金(正社員化コース)」「両立支援等助成金」の申請に対応しています。

→助成金らくらくパック

サポート内容② 36協定の作成&届出

36(サブロク)協定とは?

  • 労働時間の上限は、労働基準法により「1週間40時間、1日8時間」と決まっています。
  • この時間を超えて残業や休日労働をさせるためには、労働者の代表と「労使協定」を締 結し労働基準監督署へ届出することが必要です。
  • この労使協定を「36(サブロク)協定」といいます(労働基準法第36条に定めがあるため)。
  • 「36協定」を届け出すに労働者に時間外残業をさせた場合、本来は労働基準法違反になります。
 

「時間外労働の上限規制」の中小企業への適用は、2020年4月から

以下の内容を定め、年1回労基署に提出します。

業務範囲/残業発生理由※残業発生が想定される業務とその理由を明記

残業上限時間※通常は「月45時間以内」かつ「年360時間以内」

特別条項※上記上限時間を超える場合に、その発生理由と健康確保措置を明記

※36協定は「事業所ごと」の届け出が必要です。

サポート内容③ 労務書式の無償提供

日々の労務管理で活用すると便利な「労務書式」を、無償で提供します。
ご要望に応じて、内容のアレンジも可能です。

入社・採用

  • 労働条件通知書
  • 身元保証書
  • 入社時誓約書

勤務・休日・休暇

  • 残業申請書
  • 遅刻/早退/欠勤申告書
  • 休暇申請書

給与

  • 固定残業手当シミュレーション
  • 基本給テーブル

退職・解雇

  • 始末書
  • 解雇理由証明書
  • 退職時誓約書

サポート内容④ 労務相談&ご質問対応

労務相談・ご質問の内容

以下の内容についてのご相談・ご質問をお受けします。
但し、内容により「書類作成」「手続き対応」が発生する場合は、
別途サポート費用をお願いすることがあります。

【採用・入社】

  • ・採用募集
  • ・雇用契約書
  • ・給与設定
  • ・助成金申請対応

【給与計算/勤怠管理】

  • ・残業時間計算
  • ・最低賃金計算
  • ・出勤簿
  • ・クラウド勤怠システム
  • ・賃金台帳(給与明細)
  • ・年末調整

【各種保険手続き】

  • ・雇用保険
  • ・失業手当
  • ・産休育休手続き
  • ・社会保険料
  • ・傷病手当
  • ・事業所変更手続き

【労働時間/勤務形態】

  • ・36協定
  • ・賃金規程(給与規程)
  • ・変形労働時間制
  • ・フレックスタイム制
  • ・在宅勤務/リモートワーク

【休暇】

  • ・有給休暇
  • ・有給休暇取得義務化
  • ・有給休暇日数管理
  • ・振替休日
  • ・代休

【退職】

  • ・自己都合退職
  • ・解雇
  • ・有給休暇の消化

サポート内容⑤ 最新情報の提供

限定メールマガジン(月1回)の送信

「労務法改正」「中小企業労務のお役立ち情報」を、
メールマガジンにて送信いたします。

サポート対象外の内容

以下の内容は本サポートの対象外となりますので、何卒ご了承ください。

訪問対応

管轄官庁への書類作成/提出対応

労使紛争への代理対応

労基署調査への対応

『就業規則らくらくパック』
費用のお支払い

以上、全てのサポートを含めて

1社定額
8,317 円/月(税別)
 ※年払い99,800円(税別)

サポート期間
お支払方法

  • 「サポート着手日の属する月」の「翌月1日~1年間」を、初回サポート期間とさせていただきます。
  • お支払いは、①毎月払い(サポート期間各月の末日締め請求→翌月末日までのお振込み)が、②年払い(サポート開始月の末日締め請求→翌月末日までのお振込み)のいずれかでお願いします。
  • 請求書は、chatworkにアップロードいたします。
  • お支払いは、「銀行振込」にてお願いいたします。
新規開業らくらくプラン新規開業らくらくプラン
 

『就業規則 プレミアムパック』のご案内
~ ベンチャー/成長企業向け ~

今後、人がどんどん増え組織の拡大を目指すべンチャー企業

IPOも想定し、高度なコンプライアンスに対応していきたい企業

就業規則以外の「関連規程」もしっかり整えていきたい企業

~『就業規則プレミアムパック』の内容~

  • ①「就業規則らくらくパック」の全てのサポート
  • ②関連規程(通常1規程作成:100,000円)全15種の作成・改定運用を全て含む
  • ③既存の「就業規則&関連規程」の全項目の文面チェック(リスク診断)を実施

ご利用方法

【労務相談】①チャットワークに質問をアップ → ②ご回答(※適宜mail/電話にて回答)
【就業規則その他関連規程】チャットワーク内にて、改定データを都度アップします。

①賃金規程

②在宅勤務規程

③出張旅費規程
(国内)

④出張旅費規程
(国外)

⑤慶弔見舞金
規程

⑥通勤手当規程

⑦車両管理規程

⑧文書管理規程

⑨組織規程

⑩借上社宅管理
規程

⑪稟議規程

⑫人事評価規程

⑬個人情報取扱
規程

⑭マイナンバー
取扱規程

⑮モバイルPC
取扱規程

以上、全てのサポートを含めて

1社定額
25,480 円/月(税別)
 ※年払い302,000円(税別)

『就業規則プレミアムパック』にてカバーする規程種別

以下の全ての規程を、無制限で追加作成できます。

就業規則/賃金規程

個別作成した場合の価格(新規作成/現行規程改定ともに同額です)

  主な内容 通常価格
(新規作成/現行規程改定ともに同額です)
  特別価格
就業規則
(※)
勤務規定(労働時間・休日等) 15万円
「パート就業規則」等の別冊作成の場合、
別途10万円
  追加費用
0
服務規定
給与規定(締め日・払い日、昇給時期、賞与支給時期)
退職規定(定年、自己都合退職、解雇)
懲戒規定
賃金規程 賃金体系(基本給・諸手当の構成) 15万円
「パート賃金規程」等の別冊作成の場合、
別途10万円
  追加費用
0
諸手当の支給ルール・支給金額
時間外手当の算定ルール

その他関連規定

個別作成した場合の価格(新規作成/現行規程改定ともに同額です)

  通常価格
(新規作成/現行規程改定ともに同額です)
  特別価格
育児・介護休業規程(※) 100,000円   追加費用
0
車両管理規程 100,000円
在宅勤務規程 100,000円
文書管理規程 100,000円
組織規程 100,000円
稟議規程 100,000円
人事評価規程 100,000円
個人情報取扱規程 100,000円
マイナンバー取扱規程 100,000円
モバイルPC取扱規程 100,000円
借上社宅管理規程 100,000円
通勤手当規程 100,000円
出張旅費規程(国内) 100,000円
出張旅費規程(国外) 100,000円
慶弔見舞金規程 100,000円

※その他の規程は、ご要望をお伝えいただければ対応致します。

『初回無料相談』受付けます

無料相談はこちら

就業規則プレミアムパック
サポートの実施手順

スタート時期・地域

お困りごとが発生した時から、すぐにサポート開始できます。

「スタッフへの対応に苦慮している」
「いつまでに雇用契約書が必要」など
ご要望に応じてすぐにサポートを開始します。

全都道府県で対応可能

手続きの定型化&電子化により、面談の必要なく、全国どの都道府県の会社様でも対応が可能です。

無料でお問合せ&見積 >

よくあるご質問(Q&A)

Q質問や相談回数に制限はありますか?

A

特に制限回数は設けておりません。但し、質問・相談方法としては、まずは「チャットワーク」に書き込んでいただくようお願いしております。

Q申し込む前に、現状や要望のヒアリングをしてくれる機会はありますか?

A

はい、ございます。まずは「申込フォーム」より送信いただき、折り返しお電話にてヒアリングをさせていただきます。初回の相談は『無料』で対応します。

Qすでに顧問社労士がいるのですが、併用は可能でしょうか?

A

はい、可能です。セカンドオピニオンとして、あるいは特定分野(就業規則運用)を依頼するなど、ご要望に応じてご活用いただけます。

Q対象となる企業規模の制限はありますか?

A

「何名以下」と定めてはいませんが、『就業規則らくらくパック』は少規模の会社を想定したサービス内容となっています。サポート対象となる規程が、「就業規則(本則)」「育児・介護休業規程」「雇用契約書(労働条件通知書)」のみとなりますので、それ以外の規程の運用サポートもご希望される場合は、『就業規則プレミアムパック』のご利用をお勧めいたします。

Q従業員とのもめごとや、従業員への説明対応までしてもらえますか?

A

対応や説明方法のアドバイスを行うことはできますが、当方が直接説明や対応に当たることはできません。どうぞご容赦下さい。

Q労働基準監督者や、管轄省庁への対応・提出書類作成なども行ってもらえますか?

A

対応方法についてのご相談にはお応え致しますが、当方による代理対応や書類作成については、本サービスの対象には含めておりません。

Q社会保険や雇用保険関連の手続きについて、対応してもらえますか?

A

本サービスにおいて、提出代行は行っておりません。別途「給与計算らくらくパック」において、入退社に伴う手続きを含めて対応しております。

Q定期的な訪問サポートはありますか?

A

あいにく、当サービスでは訪問によるサービスは原則行っておりません。チャットワーク、電話、email、Webミーティング等の通信手段を用いて、コミュニケーションを図って参ります。

Qいわゆる「労務デューデリジェンス」の内容を含みますか?

A

『就業規則プレミアムパック』においては、現行規程の詳細な文面チェック・リスク診断を行います。但し、その他の関連労務帳票や労務管理実態の詳しい調査は含まれておりません。詳細な労務デューデリジェンスを希望される場合は別途お見積りとなりますので、お問い合わせください。

Qサポート期間(有料期間)は、どのようにカウントしますか?

A

「サポート着手日の属する月」の「翌月1日~1年間」を、初回サポート期間(費用発生期間)とさせていただきます。(例.9月15日よりサポート着手→10月1日から初回サポート期間開始)

Q初回サポート期間の制限(最短期間の設定)はありますか?

A

初回サポート期間は1年間(12ヶ月間)の設定とさせていただいております。それよりも短い期間を想定した申込は受け付けておりませんので、何卒ご容赦下さい。

Qサポート期間中の途中解約はできますか?

A

原則として、サポート期間(1年間)途中の解約は、受け付けておりません。廃業などの、やむを得ない場合についてはご相談に応じます。

Q お支払は、「月払い」「年払い」を選べますか?

A

はい、どちらかをお選びいただけます。

Q請求・支払のサイクルを教えてください。

A

サポート対象月分(例.9月)の請求を、末日付け(例.9月30日)で起こさせていただき、その翌月末日(例.10月31日)までにお支払いただきます。年払いの場合は、サポート期間初月末日付けのご請求→翌月末日までのお支払、となります。

Q支払方法は「振込」になりますか?

A

はい、現状では「銀行振込」のみとなります。振込手数料は、御社にてご負担いただくことになります。

Q最初「月払い」でスタートしたが、途中から「年払い」に変更できますか?

A

はい、変更可能です。サポート期間途中でも変更できますので、その場合は新たに向こう1年間のサポート期間を設定致します。

Q2年度目以降の継続は、どのような扱いとなりますか?

A

基本的には自動継続を前提としていますが、サービスにご満足いただけなかった場合は継続しない旨の意思表示により、ご請求を停止させていただきます。

Q「就業規則らくらくパック」ではなく、特定の規程のみの個別依頼も可能ですか?

A

はい可能です。こちらの料金表記載の通常価格にて個別対応しております。なお、労基署への届出については、1事業所当たり5,000円を別途頂戴いたします。

Q「就業規則らくらくパック」ではなく、「36協定」の作成・届出のみを依頼することはできますか?

A

はい、可能です。1事業所当り10,000円(税別)にて個別対応致します。

Q社員説明会などで就業規則の説明をしてもらう機会はありますか?

A

当方による直接の説明は実施しておりません。但し、ご希望があれば説明用動画(別途費用)を作成し、ご提供することが可能です。

サポートメニュー

給与計算基本パック
助成金申請代行サービス
産休育休手続代行サービス
就業規則らくらくパック
キャリアコンサルティング

ご相談・お問合せはこちら

無料労務管理に関するお悩み、
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-800-828
お問い合わせ

はた楽