給与計算らくらくパック

SERVICE

無料ガイドブックダウンロード無料ガイドブックダウンロード

まだタイムカードですか!?

まだタイムカードですか!?

毎月の給与計算を劇的に効率化し
助成金をスムーズに申請出来る
方法をご存知ですか?

– 劇的ビフォーアフターはこちら –

介護サービス業/従業員17名/2事業所のケース
業務内容 導入前 導入後
タイムカード(出勤簿)
時間集計 時間
180分 15へ短縮
(打刻もれのチェックのみ)
時間集計結果の転記
(入力)
30分 1へ短縮
(ワンクリックでデータ連携)
給与明細の印刷・
封入・配布
60分 1へ短縮
(ワンクリックでメール通知)
「給与計算らくらくパック」で実現できること「給与計算らくらくパック」で実現できること

サポート内容

はた楽では、原則として
システム導入サポート費用は
いただきません!

導入対応可能なクラウドシステム

勤怠システム

※勤怠システムの利用にはシステム利用料が発生します。
利用金額は、導入するシステムベンダーとの契約時にご確認下さい

給与計算システム

※上記の給与計算システム導入について、お客様による毎月の利用料負担はありません。
※但し、使用する給与システムの初期設定費用として9,000円(税別)を頂戴しており、同システムの年度更新費用として1年ごとに同額を申し受けます。

~お得な勤怠システム~

ジョブカン勤怠管理

  • はた楽を通じたお申込みなら、
    直接申し込むよりも安い「永久優待価格」でご利用いただけます

~30名以下の企業様限定~

人事労務freee

  • はた楽の「給与計算らくらくパック」で導入いただければ、
    「月額システム利用料が無料」となります。

②システム導入後の給与計算代行サポート

毎月の給与計算事務&役所への労務関連手続をはた楽にて代行するため、手間が大きく軽減します。

毎月の給与計算

正しい給与計算結果を確定し、「給与支給明細書」を発行します。

入退社手続き
(資格取得届・資格喪失届)

入退社発生に伴う「社会保険」「雇用保険」の手続きを代行します。
※「離職票の発行」のみ別途費用を頂戴します。

雇用契約書の作成

入社時および雇用条件変更時の雇用契約書を、当方にて作成します。

社会保険の定時改定

毎年7月に提出する「報酬月額算定基礎届」を提出します。

社会保険の随時改定

「定時改定」以外の月に、給与の変動に伴い発生する
「報酬月額変更届」の提出を行います。

賞与計算

正しい賞与計算結果を確定し、「賞与支給明細書」を発行します。

賞与支払届の提出

賞与の支払があった際に必要となる「賞与支払届」の提出を行います。

『給与計算らくらくパック』の費用

以上の、クラウドシステム導入から給与計算代行までをすべて含めて、以下の定額費用にてサポートします。

「給与計算」および「付随する労務手続き」
「初期設定・データ移行費用」も全て含めて

計算一人当たり
定額

計算一人当たり

定額1,000/月(税別)
(計算対象10名以下の場合は、月額基本料10,000円となります)

※別途必要な費用は、以下の通りです(税別)。
・労働保険年度更新手続 @30,000円/年1回
・離職票発行 @5,000円/回(発生都度)
・被扶養者異動届 @5,000円/回(発生都度)
・氏名/住所変更届 @5,000円/回(発生都度)
・年末調整 一人当たり@3,000円
・給与計算システム設定料/年間更新料 9,000円(初期設定時および1年ごと更新時)
※国民健康保険組合に加入されている事業所の場合、上記の定額料金内で対応できない手続きが一部ございます。

※給与計算らくらくパックは、クラウド勤怠システムを利用されることを前提とした料金設定です。
※新たにクラウド勤怠システムを導入される場合は、導入するシステムベンダーに対するシステム利用料が別途発生します。

無料でお問合せ&見積りはこちら

さらに!

助成金申請にスムーズにつなげることで
「費用以上の収益」を目指します!

サポート対象となる助成金

1人当り57万円

キャリアアップ助成金~正社員化コース~

有期雇用スタッフ、パートスタッフを「正社員」に転換し、5%以上の賃金アップを行った場合に助成されます。

1人当り28.5万円

両立支援等助成金

スタッフの「育休取得」「職場復帰」「代替要員の採用」「育休後再雇用」等について助成されます。

50万円+目標達成助成

人材確保等支援助成金~介護・保育労働者雇用管理制度コース~

介護・障がい福祉・保育事業者が、キャリアパス&賃金テーブルに基づく賃金制度を導入することで助成されます。

1人当り48万円~

高年齢者無期転換コース

50歳以上かつ定年年齢未満のスタッフを無期雇用に転換した場合に助成されます。

1人当り22.5万円~

キャリアアップ助成金~労働時間延長コース~

パートスタッフの所定労働時間を延長し、新たに社会保険に加入した場合に助成されます。

※助成金申請代行費用として、受給額に基づく成功報酬を頂戴します。詳しくはお問合せ下さい。

助成金申請代行サービス

「給与計算らくらくパック」の導入メリットまとめ

収益メリット

適正な給与計算により「助成金」申請がスムーズとなり、収益メリットが得られます。

入退社手続きが無料

ハローワーク・年金事務所に出向いたり、外部に費用を払うことなく、手続きが完了します。
(※一部の手続きは有料です)

有給管理も万全

有給休暇の日数管理が自動化され、2019年4月施行の「有給取得義務化」にもスムーズに対応できます。

勤怠システムの選定もサポート

「どのシステムを導入したらいいか分からない」という場合は、システムの選定からサポートします。

ペーパーレス化

タイムカードはもとより、「給与明細書」もweb上での配布が可能となり、書類印刷や配布の手間も軽減されます。

データ移行も無料対応

サービス開始に伴い必要となる「給与データの移行」「システムの初期設定」も無料にて対応します。

イレギュラー対応も万全

月途中の入退社や休業など、イレギュラーがあった場合の複雑な給与計算も全てこちらで対応します。

残業時間の削減

勤怠システムの導入により、月途中の勤務時間進捗がチェックでき、不要な残業時間削減の手が打てます。

作業の大幅削減

毎月のタイムカード集計や給与計算業務から解放されます。

スタート時期・地域

ご希望時期に合わせてスタートでき、いつでも解約可能です。

「担当者の退職」「年の変わり目」「システムの導入」「税理士の変更」など、
御社がスタートを希望される時期をお伝えください。
1~2か月の準備期間を経て、サポートを開始します。

また、サービスにご満足いただけない場合は、
いつでも解約可能です。

全都道府県で対応可能

手続きの定型化&電子化により、面談の必要なく、全国どの都道府県の会社様でも対応が可能です。

無料でお問合せ&見積 >

よくあるご質問(Q&A)

Q申し込み方法/費用見積依頼の方法は?

A

当ページのお問い合わせフォームより、所定の情報を入力のうえ送信下さい。当方にて入力内容を確認後、折り返し「費用概算お見積り」をお送りいたします。その後お電話にて詳細確認のうえ、もしもご納得いただければ手続書面を作成し郵送いたします。

Q費用の支払い時期、支払方法は?

A

毎月の給与計算対象人数、実施手続きに基づき、当方より請求書をお送りいたしますので、サービスおよび手続き実施の翌月末日までに、請求書記載の銀行口座宛てに振り込みをお願いいたします。

Q費用はどの月分から発生しますか?

A

当方にて給与計算対応させていただく最初の給与支払日が属する月から、費用が発生します。例えば、「3/31締め→4/25支払分給与」からの対応となった場合は、4月分としてのご請求から開始し、4月分費用を5月末日までにお支払いいただきます。

Qデータの引継ぎ・移管に伴う初期費用は発生しますか?

A

給与データ等の引継ぎ・移行は、原則無料で対応致します。
但し、データを提供いただく際は、Excel/csvなどの形式にてお願いいたします。
紙面/PDFデータのみでの引継ぎの場合は、データ移行に作業工数がかかってしまうため、データ量に応じた移行費用をご請求させていただく場合があります。

Q年の途中でも、給与計算の移行(引継ぎ)は可能ですか?

A

はい、可能です。その際は、現在お使いの給与計算ソフトにて計算された、その年の1月からの給与データをお預かりし、データ移行作業を当方にて行います。尚、データのお預かりができない場合は、引継ぎをお請けできませんので、ご了承ください。

Q「入退社に伴う社会保険&雇用保険手続き」を無料で対応してもらえるということですが、全ての手続きが無料になりますか?

A

社会保険および雇用保険ともに、入社時の「資格取得届」と、退社時の「資格喪失届」が無料対応となります。但し、退社時の「離職票」の発行や、在職中の「被扶養者異動届」「氏名住所等変更届」などは無料対応の範囲外となります。今後、当方にて業務の効率化を進める過程で、無料対応できる範囲を徐々に広げていく予定です。

Qタイムカードなどの紙媒体で勤怠時間管理をしているが、それでも給与計算はできますか?

A

本ページでご案内している「給与計算らくらくパック料金」は、「クラウド勤怠システム」を利用される前提での料金設定となっております。もしも、クラウド勤怠システムを活用されずに、本サービスを利用される場合は、給与計算の根拠となる「各人の勤務時間の集計表」をお客様にて作成いただく必要があります。当方によりタイムカード等からの時間集計も行う場合は、別途一人当たり2,000円(月額)の集計手数料を頂戴いたします。ただし、当方の業務体制によっては、時間集計をお請けできない場合もありますので、何卒ご了承ください。

Qクラウド型の勤怠管理システムをすでに活用しているが、その連携は可能ですか?

A

お使いになられている勤怠システムによっては可能ですので、どうぞお問い合わせください。
勤怠システムからCSV形式の勤務時間データを出力し当方までお送りいただく方法と、勤怠管理システムによっては、API連携と呼ばれる方法で、データを送付いただかなくてもデータを取り込みことが可能です。

Qクラウド型の勤怠管理システムを導入したいが、そのサポートもしてもらえますか?

A

はい、可能です。従来の「タイムカード」や「手書き出勤簿」「Excel出勤簿」と比べて、これまで自社でされてきた「時間集計作業」が格段に減ることで、大幅な効率アップとなります。但し、初期導入時に、「所定労働時間」「勤務形態」「打刻登録方法」「休憩登録方法」等の初期設定を行う必要があり、労務的な知識がないとハードルが高く感じられます。そういった初期設定についても、現状の労務管理方法や就業規則(賃金規程)の内容を踏まえて、当方にて代行いたします。

Q全国どの地域の会社でも対応してもらえますか?

A

はい、給与計算や労務手続きの方法は全国一律のものであり、電子申請やメールのやり取りにて、全国の企業様の手続きを代行することが可能です。

Qうちは法人ではなく「個人事業主」の形態ですが、対象となりますか?

A

はい、対象となります。事業所や法人の形態、規模などは一切問いません。

Q対象従業員が50名を超える場合の料金は、どうなりますか?

A

本ページでご案内している「給与計算基本パック料金」は、計算対象者50名以下の会社を想定した設定となっております。50名超の場合は別途お見積りを致しますので、お問合せフォームに対象人数を入力いただければ、追ってお見積りをお送りいたします。

Q業務を推進するにあたり、どのようにコミュニケーションをとっていきますか?

A

電話、メール、LINE、郵送等の通信手段を用いてコミュニケーションを図り、手続きを推進します。特に、チャットワーク(Chatwork)を使った情報のやり取り、データ共有を推奨しております。→Chatworkの新規登録はこちらhttps://go.chatwork.com/ja/index.html

Qスタッフごとの入退社・給与情報はどうやってやり取りしますか?

A

当方にて用意するフォーマットを使い、「入社」「退社」「給与変更」が生じた場合にご連絡いただきます。本サイト内の「手続きフォーム」ページから、必要事項を入力のうえ送信ください。情報確認後、必要な手続きおよび情報更新を当方にて行います。

Q給与計算のみを依頼し、「入退社手続」は自社や他の顧問で実施しても構いませんか?

A

雇用保険や社会保険の加入有無・加入喪失時期は、給与計算に密接な関係があります。それらのタイミングがずれることで、訂正作業が発生したり、会社が申請する助成金の要件にも影響を及ぼすため、原則は当方にて一括して計算および手続代行をさせていただきます。

Q給与計算は依頼せず、「入退社手続のみ」を依頼することはできますか?

A

それは可能です。但し、入退社手続き発生ごとに、手続き1件当り5,000円~の費用が発生します。「給与計算らくらくパック」として、給与計算も含めてご依頼いただく方がメリットがあります。

Q訪問対応はしてもらえるのか?

A

あいにく、訪問による対応は行っておりません。訪問でのご説明が不要な形での説明書類、説明手段、および料金体系を構築していますので、ご利用いただく企業様には手続き上のご不便の無いように努めております。

無料でお問合せ&見積りはこちら

サポートメニュー

給与計算基本パック
助成金申請代行サービス
産休育休手続代行サービス
有休義務化対策サービス
就業規則らくらくパック
キャリアコンサルティング

ご相談・お問合せはこちら

無料労務管理に関するお悩み、
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-800-828
お問い合わせ

はた楽