有休義務化対策サービス

~50名までの中小企業様対象~
有休義務化対策サービスのご案内

20194月より、中小企業を含む全企業で義務化されました

👇 従業員から指摘される前に、早急な対応・対策が必要です 👇
有休義務化対策サービスの内容

STEP1
基本運用ルール
の制定

会社ごとの有休の基本運用ルールを定めます

☑有休は何日前までに申請できるのか?
☑有休の申請は、どのような手続き(書面)で行うのか?
☑当日の病欠は、有休扱いとなるのか?
☑「前年の繰り越し分」と「今年度取得分」のうち、どちらから取得するのか?
☑「退職時の有休買い取り」の扱いは? 等

2019年改正に沿った取得方法」も記載します

就業規則

  ☟

STEP2
計画的取得ルール
の制定

取得年5日達成のための運用ルールを定めます

☑本人からの希望聴取をどのようにするか?
☑本人からの希望聴取はどのタイミングでするか?
☑本人からの希望聴取はだれがするか?
☑取得しやすいような「新しい休暇制度」を設けるか?
☑会社により「一斉休暇日」を指定するか?

「計画有休制度」導入時の労使協定作成も対応

就業規則

労使協定

  ☟

STEP3
従業員説明ツール
の制定

従業員への説明資料・社内書式を整備します

☑STEP1,2で制定した新しい有休の取得ルールを、分かりやすく説明した書類を作成します
☑「有休取得申請書」「希望日ヒアリングシート」など、実際の社内運用で使える書式を整備します

ツール作成のうえ、データ納品します

 説明ガイド

社内書式

  ☟

STEP4
オプション

有給休暇管理簿の作成
または
クラウド労務システムの導入
(※オプションサービス)

従業員ごとの有休日数等の帳簿を作成します》

☑従業員ごとの「有休を付与する日」「その日数」「有休取得日」を全て記載します

クラウド労務システムの導入をサポートします

☑「有休管理簿を自動生成できる労務システム」を導入します。
☑「勤怠管理&給与計算」も大幅な効率化が見込めます。
☑「システム導入費用」が補助対象となる助成金活用もご提案します。

Excelデータ

労務システム

サポート費用(税別)

上記の対策STEPを、はた楽にて代行サポート・完結します

基本サポートパック
【対策STEP1~3】    69,800円 ☞ 5月末日までのお申込みで49,800円

※下記手順にて、約1か月で納品します。
※納品後も継続して運用サポートします。

①『就業規則』現行規程データのお預かり

②『有休義務化対策ガイドブック』『経営者(人事責任者)ヒアリングシート』の送付

③電話/e-mail/TV電話 による協議にて運用ルールの決定

④『就業規則』『労使協定』『従業員説明ツール』『有休管理簿ひな形』データ納品

⑤『就業規則』の労基署届出

オプションサービス①
有休管理簿(Excelデータ)作成
対象者1名あたり5,000円(税別)  

①入社日がわかる書類/過去3年間分の出勤簿・賃金台帳のお預かり

②従業員ごとの『有休管理簿』の作成・納品

オプションサービス②
クラウド労務システム導入サポート
98,000円
助成金で3/4が補助)

①システム設定等の導入サポート

②就業規則の改定(※助成金申請に対応)

③助成金申請代行(※成功報酬は不要です)